プロフィール

私のこと

看護師ふじわらともみです。

私が看護師になったきっかけは、小学校の頃ナイチンゲールの伝記を読んだことです。クリミア戦争で負傷した兵士が横たわる脇で見守るナイチンゲール。ランプの明かりに灯された姿に感動し、「私は看護師になる!」と、脇目も振らず看護学校へ入学し、国家試験を受け晴れて『白衣の天使』になりました。

看護は大好きです。天職だと思って働いてきました.結婚し、子育て中も、産休以外は休まずに35年、看護師人生でした。

患者さんに対して最高のケアをしたいと思い無我夢中で働き、集中治療室・ガンの手術患者さんの病棟などで主に勤務し、壮絶な死も沢山見てきました。

そのうち中堅看護師になると、管理的業務、病院の委員会活動、新人教育、人間関係の調整・・・そんな仕事の比率が多くなりました。

昔からリーダー的な役割が多かったけど、看護が好きで、患者さんとのふれあいが好きだった私は、現場での流れ作業的な看護業務と、管理職業務に追われる日々が耐えられなくなってきました。

スタッフの人間関係の問題に翻弄され、自分の仕事は後回し。患者さんやご家族とも話がしたいしのに、時間がとれない。結局帰路につくのは20時か21時の間という日が続きました。

もちろん、自分の仕事処理能力が問題だったかもしれません。管理者は少しいい加減なところがあった方がいいと、よく耳にします。でも、私は、何でも精一杯に相手の問題に寄り添いたかったのでポキンとこころが折れてしまったのです。

患者さんのことを考えれば考えるほど、寄り添えば寄り添うほど、周囲とのバランスが悪くなることもあります。

正義は必ずしもみんなのためになるとは限らない。そのことを思い知らされた出来事もあります。

理不尽な扱いや、暴言にも耐えた日々もありました。心がもう立ち直れなくなり、とうとう常勤では働けなくなり職場を泣く泣く去りました。

 

家事育児の両立も当然やっていました。朝ご飯の後に子供たちのお弁当と夕食の下ごしらえまでしてから出勤。チンして夕食が出来るように作っておくこともありました。

後はおきまりの、母子家庭だからとよく言われる、子供の非行。子供たちは母親が仕事人間でいることが寂しかったのでしょう。

時代の変化と共に働く女性は増えています。家計のために働かなければならない女性も少なからずおられます。自分を犠牲にして奉仕をすることが喜びと感じる女性もおられます。自己実現に向けて走り続ける女性も多くおられます。

人生の喜びや楽しみを感じながら、やりがいのある仕事を長く続けていけるように、家事でも育児でも仕事でも、何かに頑張っておられるあなたを応援したいと思っています。

恋愛や結婚・離婚、嫁姑問題、仕事、職場の人間関係、部下の指導育成、出産・育児、孫のお守り、家族問題など、私が経験した中で、失敗から学んだことがたくさんあります。

たくさん経験した還暦前の今だからこそ、誰かのお役に立てることがきっとあると思います。

占星術を通し、ただの占いに終わらず、ジャッジしない前向きな言葉であなたの今からを応援します。

経歴

1962年 鳥取県出身
1983年 看護師
2000年 社会福祉士
2001年 介護支援専門員
2003年 NARD認定アロマインストラクター
2007年 成年後見人
2010年 院内アロマボランティア「Ange」結成・始動
2011年 米国ENBA認定エサレン®マッサージプラクティショナー

アロマボランティアの会「アロマで癒し隊」結成(老健・デイサービス・グループホームを訪問開始。現在はデイサービスで継続中)

2016年 高知県立大学がん看護インテンシブコース終了

全国訪問ボランティアナースの会「キャンナス東大阪」設立

東大阪市ファミリーサポート援助会員

東大阪市災害ボランティアメンバー

2017年 医療的ケア指導教員(日本福祉大学)

非常勤実習助手 (森ノ宮医療大学 看護学科)

お客様への思い

「私のこと」で今までの私の歴史を書きましたが

私が看護師として働く中で、患者さんの快復力や、ご家族の思いの移り変わりには、西洋医学だけが作用しているようには思えませんでした。

最初に私は、ご縁があったアロマセラピーを学び、香りと嗅覚が直結していることで、感情がダイレクトに動くことを知りました。

その後、海外で「エサレンⓇマッサージ」という、自分への気づきがもたらされる全身ボディーマッサージの資格を取得し、身体とこころは繋がっていることや、その奥に魂の存在が深く影響していることなどから、スピリチャルなことに興味を持ちました。

 

元々、ターミナルケアの関わりの中で感じた家族ケアの重要さを感じ、研究会に所属し知識を深めて来ました。

身体の看護だけではなく、精神的、社会的なケアの必要さ、あるいは心だけではなく魂のケアも大切であると気づきました。

私は、何年もの間、人生に迷い傷つき、自分を見つめ、自分を変えたい、自分は何者なのかと、自分を探し求めました。

その中で学んだ心理占星術を通し、「本当の自分の使命」に気づいたことで今人生を前向きに捉えることが出来ています。

あの時の苦しみはこんな意味があったから・・・と理解できるだけで、心の傷は小さくなります。

自分の考え方ってどんなだろう、自分の行動って何に影響されるんだろう、私の考え癖は?得意なことは?才能の在処は?

星のメッセージで時期を読めると不安が減少します。

心の癖を知っておくと、自分の進む方向を立て直すときのヒントになります。

こうして私が助けられた星たちからのメッセージを、たくさんの悩める大人の方々に知ってもらいたいと思います。

きっと突破口がある。

 

人間は宇宙の中に住んでいます。私たちの身体を流れるエネルギーは宇宙と繋がっていると感じています。

私は看護師として、身体をケアするだけではなく、心と魂にまでフォーカスし、迷えるあなたの背中を押して前向きな人生を応援したいと思います。

 

投稿日:2017年8月26日 更新日:

執筆者: